ブログトップ | ログイン

さくらおばちゃんの趣味悠遊

北京へ No2

北京、第2弾!!
さあ、この旅行も3日目、いよいよ架橋に入りますよ~
この日は、天安門広場、世界遺産『故宮博物院』、景山公園、周口店遺跡博物館。

TVニュースなどではよく見る風景、天安門広場と天安門
b0175688_1524363.jpg
b0175688_1525673.jpg

5つ目の世界遺産『故宮博物院』
かつては『紫禁城』と呼ばれた明・清代の宮殿で驚くほどの広さ
b0175688_1532967.jpg
b0175688_1534149.jpg

その全貌を見ることが出来るのでこの名がついている景山、ここからの景色は中国の歴史を感じられました
b0175688_154514.jpg
b0175688_1542786.jpg

この日も、優に1万歩は歩きましたが、夜はまたまたOPの京劇鑑賞へ出かけました。
京劇鑑賞では、俳優さんたちが化粧をするところも見せてもらい、京劇の内容にも一層興味が。。。
b0175688_1544653.jpg
b0175688_1545825.jpg

最終日は、北京動物園のパンダに会うことと、初日にキャンセルになった胡同での輪タク経験が待ってます。
北京動物園では、パンダを見るだけですが、早朝にもかかわらず、6頭のパンダを一度に全て見ることが出来て、感激、可愛かったです
b0175688_1554714.jpg

b0175688_1552555.jpg

b0175688_156933.jpg

胡同では、観光用の輪タクに全員が乗り込み出発するので、その姿は圧巻!!楽しめました
b0175688_1563077.jpg
b0175688_1564245.jpg


最終日は、初日に予定しながら、飛行機の遅れなどで行けなかった胡同に行ったため、ちょっと慌しかったけど、無事に3泊4日の日程を全て終え北京空港へ
この4日間のツアー仲間は、みなさん時間に正確、個性的は人もいなくて、本当に和気藹々、ホテルも3連泊だったので、スーツケースを持ち歩くこともなく、最高の旅が出来ました。
ただ、毎日の中華料理(当たり前だけど)にはちょっと閉口、さすがに日本料理が恋しくなりました。
和食が最高!!やっぱり日本人なんですね

今回の旅で分かったことは、やはり歩くことが目的の旅は、今しか出来ないかな?と言うことでした。
元気なうちに、もう少し歩く旅を続けたいと思います。
# by april777yi | 2009-06-16 20:09 | | Comments(0)

北京へ No1

中学時代からの親友と数年前から、「世界遺産を見たいね」と言う話になって今年で3回目。
行きたい国の事情などもあって、変更をせざるを得ないこともあったけど、今年は予定通り北京へ Go!!

成田を発つ前は、目的地の北京も前日まで雨だったのに、北京に着くと青空が待ってました。
そう、親友は私と違って晴れ女なんです058.gif

早速バスに乗り込み観光開始です。
今回は、北京にある6つの世界遺産のうちの5箇所を回り、+胡同の町を輪タク散策、天安門広場、北京動物園、夜のOP中国雑技団と京劇鑑賞と盛りだくさんです。
広い中国の北京市内だけと言えども、その北京市が日本の四国と同じ面積だと聞き、全ては見て回れないことを納得しました。

初日は飛行機の遅れや、免疫チェックでちょっと熱が出た人がいたりして、入国手続きが遅れたので、観光は天壇公園一箇所だけになりましたが、このご時世、仕方がありませんね
 
1つ目の世界遺産、天壇公園(皇帝が五穀豊穣を祈願し、天帝に報告した場所)
b0175688_13503458.jpg
b0175688_13504521.jpg

2日目は、とにかく歩くことが中心の観光だったので、気合で出発しました。
  
2つ目の世界遺産、『頤和園』、中国では最も完全に保存された大型皇室庭園
b0175688_1353555.jpg

頤和園(仁寿門)
b0175688_13531364.jpg

頤和園(仁寿殿)
b0175688_1353236.jpg

頤和園(長廊)
b0175688_1353331.jpg

頤和園(仏香閣)

3つ目の世界遺産『明の十三陵』明朝200年の繁栄を今に残す場所 、十三人の皇帝の陵墓があることに由来しています。
b0175688_1359888.jpg
b0175688_13591825.jpg

4つ目の世界遺産『万里の長城』、私たちはあまり急坂ではない女坂を選び、北4楼を目指しました。
b0175688_1451017.jpg
b0175688_1452344.jpg
b0175688_1453482.jpg
b0175688_1454468.jpg

反対側は、かなりきついらしい男坂ですが、歩く人もまばらでした。
b0175688_146923.jpg
b0175688_146188.jpg

2日目の工程が無事に終了しましたが、この日は本当によく歩きました。
そして夜はOPで中国雑技団に出かけ、ホテルに帰るとお風呂に入って、バタンキューー
北京での2日目が終わり、明日もまた早起きしして出発です。
# by april777yi | 2009-06-16 16:43 | | Comments(0)

夫の転勤で千葉に住むことになって、17年が経とうとしています。
当然のように、夫の定年後には大分にUターンを決めている2人。
子供たちはどうするのかな~、多分夫婦だけのUターンになるのかな~

そしてUターン後、2人の終の棲家になる我が家。
今はイギリス人の旦那さまと、日本人の奥様、犬1匹の家族が借りてくれています。
何でも、広い庭がとてもお気に入りらしく、願わくば売却をと何度も請われますが、それだけはね、夫もお気に入りの家だから

そんな家をどのように使ってくれているのか、時々不動産業者が写真に撮って送ってくれます。
まあ、「お好きなように使ってください」と言ってありましたので、あまり細かなことは言わないようにしていますが、とてもきれいに使ってくれているようで、良かったです。
玄関は超日本的な、ごく一般的な2階建てです
b0175688_222117100.jpg
        
ちょっと高台から見ると
b0175688_22213737.jpg
  
  イギリス人のご主人の影響でしょうか?庭がお気に入りと言うだけあって、芝を植え、ウッドデッキを設え、花壇も作ったりして、気持ちよく暮らしているようです
b0175688_22215871.jpg
b0175688_2222638.jpg
b0175688_22221446.jpg
b0175688_22222352.jpg

お貸しする前に、1度お金を掛けてリフォームをしたのですが、私たちが住む時には、キッチン水周りのリフォームをしたいし、夢が広がります
お店としてではなく、この広い庭やサンルームを開放して、ご近所の方たちに、私のシフォンケーキを食べてもらいたいと思っている小さな夢、何時か叶うと良いなと思っています

でも、千葉を離れがたいのも確かで、子供たちを置いてのUターンはすごく考えます。
子供たちが早く片付いてくれると一番なのですが、それが一番難しいかも
母の思いは複雑。。。。。
# by april777yi | 2009-06-09 10:18 | ある日の事 | Comments(0)

このところの関東は、週末になると曇りや雨、週末に限らずかな~
前線の影響なのか、関東だけに低気圧があるようで、ほんと憂鬱です

だからこそ、この季節にしかない花を、またまた探しにGo
この季節と言えば、紫陽花に菖蒲
電車の中吊り広告にも、紫陽花祭り、菖蒲祭りのお誘いが増えてきました。
って、私を誘っているわけではないんでしょうけど、こんな広告を見ると じっとしてはいられなくなるのが私です
あまり有名な名所は、人も多いし、ゆっくり見れない、写真も撮れないので、そこそこの名所を探して、紫陽花は文京区の白山神社、菖蒲は足立区の江戸川菖蒲園に決定!!
木曜日と今日、出かけてきました
《木曜日》
白山神社は、紫陽花の名所としてはネット検索でも一番に登場しているけど小さな神社+公園と言うところで、種類も多くなく、おまけに紫陽花祭り前日だったので、人も少なく、ねらい目でした
とは言え、普通っぽくないものもあり、見る価値はありました
b0175688_21595599.jpg
b0175688_2201351.jpg
b0175688_2202715.jpg
b0175688_2204849.jpg
b0175688_2212086.jpg
b0175688_2213922.jpg

そして、今日は朝から雨だったけど、お昼頃には止む予報なので、予定通り菖蒲園へ
予報的中着いて少しすると雨も止み、小雨の中の菖蒲と、薄日の中の菖蒲、お出かけ日和だったかな~
b0175688_2241687.jpg
b0175688_2242862.jpg
b0175688_2243987.jpg
b0175688_2253828.jpg
b0175688_2255198.jpg
b0175688_226636.jpg

以上、今週の花、紫陽花と菖蒲でした
毎年この季節には出掛けている、紫陽花と菖蒲のお花見、これで今年も予定行事終了、なんだかホッとするのは何故でしょうね

追伸。。。
千葉のこの季節と言えば、忘れていけないのが大賀蓮。
毎年、写真を撮っていますが、今日はたまたまウォーキング途中に立ち寄り、まだ少し早い大賀蓮を見てきました
満開は今月末のようですので、その時また。。。
 
まだまだ蕾ばかり、でも一つ二つ開き始めたものも。。。
b0175688_22101735.jpg
b0175688_22102757.jpg
b0175688_22103596.jpg
b0175688_22104414.jpg

# by april777yi | 2009-06-07 00:31 | | Comments(0)

むか~し、昔、我が○○家では、お饅頭を作るのが常でした。
夏祭りには酒まんじゅうを、さつま芋の季節には芋餡の薄皮ゆで餅を、そうそう
カンカラ(呼び方はいろいろありそうです)と言う蔓性の葉を饅頭の下に敷き、
蒸し器で蒸したり、お鍋で茹でたり、幼い頃から、甘いものが大好きだったので、
それがとても楽しみでした。

そのお饅頭を作るのは何時も祖母の役目だったけど、未だに不思議でたまらない
あの薄い皮の超薄っぺらな芋餡の茹で餅。
いったいどんな風に作っていたのか、今はもう分かりません。

祖母の娘である叔母たちが、今でも作っているので、1度聞いておくべきかな

そんなことを考えながら、今日は黒砂糖まんじゅうを作ってみました。
昔ながらの重曹を入れて、黒砂糖と小麦粉をこねて、こねて。。。
  
市販の餡だけど、甘さ控えめで、まずまずの出来あがり
皮が薄い分、途中で餡が出てきたりしますが、そこはご愛嬌包んで包んで。。
b0175688_21433335.jpg
b0175688_21434615.jpg

b0175688_2144248.jpg
b0175688_21443480.jpg
  
前回は、蒸し器に数多く入れすぎてくっついたので、今日は何度かに分けて蒸しました。
b0175688_21445417.jpg
b0175688_2145426.jpg
  
さて、蒸しあがり、粗熱が取れたら、乾燥する前にビニールシートに包んで
b0175688_21452815.jpg
b0175688_21454033.jpg
              
蒸し立てほかほかをいただきましたが、思いの外美味しかったです
b0175688_21461327.jpg


今夜のダンスレッスンのお茶菓子、先生(男性)が甘いもの大好きなので、お持ちしますよ
因みに、夫もこの饅頭が大好きで、今日は喜ぶと思います
# by april777yi | 2009-06-05 13:04 | 手作りスウィーツ | Comments(0)

春は花を見るには場所も選ばず、行動範囲も自由自在
この日は春のバラを求めて、ちょっと遠出、神奈川県のフラワーセンター大船植物園へ出かけてみました
この植物園には、年に数回で掛けるけど、何時行ってもたくさんの花たちが見れて、期待を裏切らない場所です
今回は、この季節に一番の見頃を迎えた春のバラを少しだけ紹介します!!

高貴な色と言うのかな、薄紫のバラ
b0175688_1311855.jpg

可憐な色、黄色いバラ
b0175688_13112272.jpg

バラと言えば、可愛らしいピンクのバラ
b0175688_1311471.jpg

神秘的な色、深紅(黒バラ)のバラ
b0175688_1312092.jpg

清潔な色、白いバラ
b0175688_13304644.jpg

満開のバラも良いけど、蕾がもっと可愛らしい
b0175688_13345282.jpg

じつは、ここには芍薬も咲いていました
牡丹とは違い清楚な感じの芍薬、バラともまた雰囲気が違い、美しいです
b0175688_20392297.jpg
b0175688_20395318.jpg
b0175688_2040387.jpg
b0175688_2040146.jpg

天気にも恵まれて、何時ものように重い三脚やレリーズも準備して、出来る限り花に近づきながらの撮影ですが、春には春のバラを見て、おまけに芍薬まで見られて、また秋にやって来れたらな~と思いながら帰路に着きました
# by april777yi | 2009-05-16 13:03 | | Comments(0)