ブログトップ | ログイン

さくらおばちゃんの趣味悠遊

タグ:旅 (海外) ( 25 ) タグの人気記事

イタリア旅行 後記

3月14日から22日までの7泊9日イタリア旅行の旅行記は、つい先日無事に『完』と言うことになり、やっと肩の荷も下りてやれやれ
でも、写真を見ているともう少し、と言うかイタリアから日本に帰ってきてないじゃん??

と言う事で、旅行記後記とでも言うか、最後の部分を書いて終わりにしよう
今回のイタリア旅行は、出かけるときから震災の影響が大で、行くこと自体を迷うくらいだったけど、なんと言ってもツアー会社が催行すると知らせてきたので、もう行くしかなかったんですね
イタリアでも日本の震災のニュースはずっと流れていて、気になりながらの移動、観光でした

さて無事に日本に帰れるのかどうか・・・
そのころは震災の影響もさることながら、原発の放射能の影響の方が大きくて、アリタリア航空は成田には着陸しないって
仕方がないので、関空経由で羽田に帰る事になりました

では、最後のイタリアの夜から

この日はカゼルタのCROWN PLAZA CASERTAに宿泊
夜遅くに着いたので、かなりお疲れ気味のお仲間だたけど、これから夕飯なんですよ

とりあえず部屋に荷物を置いて

b0175688_22483874.jpg
b0175688_2252297.jpg

b0175688_22493092.jpg
b0175688_2249426.jpg

夕飯にしましょう メインは魚、あとはサラダと夜遅くてもデザートが

b0175688_22503836.jpg

b0175688_2254599.jpg
b0175688_22551367.jpg
b0175688_22552319.jpg


遅くなったけど、明日の飛行機の便が遅い時間に変更になったので、それだけがラッキー
本当だったら、かなり早朝にホテル出て空港に向かわなきゃいけなかったんだけどね
トランクの荷物を整理して、忘れ物がないように!!
おやすみなさいzzzzz・・・

おはよう!!朝ですよ~~(*゚ー゚)_ぉは~♪ 058.gif
トランクをドアの外に出して、さあ朝食です

イタリア最後の朝食も、またこんなに欲張っちゃって、たっぷり\(^ ^)/

b0175688_22583966.jpg

いざ、空港へ!!

b0175688_2259512.jpg

b0175688_22593269.jpg

空港では手続きを終え、荷物を預けて、一旦解散!!
何かお腹に入れたほうが良さそうなので、空港のレストランカフェで
食べることばっかりだけどね~(・_・;)、これがイタリア国内で食べる最後の食事だけど、なんか変なの~

b0175688_231246.jpg

あっ、私たちの乗る飛行機だ!!

b0175688_2335976.jpg

これからも機内食と、食べることばかりです(*^-゚)vィェィ♪
機内食1 おやつかな。。。イタリアでいただいたオレンジジュースは、ほとんどがこの色、オレンジと言うよりグレープフルーツのルビーのような。。
でも、味は間違いなくオレンジジュースでした(*^-^)ニコ

b0175688_2331234.jpg

そして機内食2 最初の食事、離陸して2時間も経ってなかったけど、夕食なのかぁ??
最後だから、イタリアンを選んでみました、ラザニアが主です

b0175688_236645.jpg
b0175688_2361981.jpg

そして機内食3の着陸前の食事は、やはり便が変わった事で食材が揃わなかったからと、ちょっぴり適当

b0175688_238693.jpg


やっと関空に着き、何とかみんな国内線に乗れることになって、羽田に向かいます
日本語だ~(笑) もう関空に下りることなどないかもしれないので、ちょっと写真を

b0175688_23115457.jpg
b0175688_23122342.jpg
b0175688_23123443.jpg

でも、ここでもまた食べること(・_・;)
関空のコンビニで、初の日本食がおにぎりとペットボトルのお茶でした(*^^)v

b0175688_2311754.jpg


羽田に着いても、リムジンバスが平常どおりに動いているか気になるところだけど、良かった
動いてました
千葉行きのリムジンバスに乗って、海浜幕張まで
ここで電車に乗り換えて、やっと自宅に帰ってきました

本当にいろんなことがあった今回の海外旅行、でも、貴重な経験にもなって、やっぱり行ってよかったんだなと思うこの頃
写真の整理も終わったし、これで一件落着♪d(´▽`)b♪
by april777yi | 2011-05-14 23:18 | | Comments(0)

この日はイタリア観光最後の1日、あっと言う間に午前中の観光が終わり、後ろ髪を引かれる思いでポンペイ遺跡を離れます
さあ、これからアマルフィです
が、その前に昼食、昼食(*^^)v

今日の昼食は大きなレストランで、カンツォーネを聴きながらトマト風味のボンゴレをいただきます
いつものようにパンと、ここでは生野菜が出ました、そしてメインのパスタと魚料理とデザートのアイスクリーム
生野菜はおじさんがボールを抱えてきて、お皿に豪快に撒き散らして??(^^♪

b0175688_20524043.jpg

b0175688_2054229.jpg

b0175688_20525177.jpg
b0175688_20531878.jpgb0175688_2053324.jpg
食事をしながら店内では生演奏、もちろろんチップもね(^_^)ニコニコ

b0175688_20551777.jpg

トマト味のボンゴレは、日本人向けだそうですが、なかなか美味しくて先日は我が家でも作ってみました
ご馳走さまでした011.gif

さあ、食事も終わったし、いよいよアマルフィですよーーーー

イタリアでもっとも美しい海岸のひとつと言われるアマルフィ海岸の中心都市
ムリーニ渓谷のそそり立つ断崖に、へばりつくように築かれた白い家々が明るい陽射しに輝き、青く澄んだ海に映える美しい町、アマルフィ
それにしてもすごい家です\(^ ^)/

b0175688_21175345.jpg
b0175688_2118954.jpg

上の写真もこの場所からの景色です

b0175688_21191983.jpg

ここにもドゥオモがあり、ドゥオモ広場を中心に、たくさんのみやげ物店が並ぶ通りがあり、ドゥオモ見学のあとブラブラしました

正面に向かって左手には、貴族の墓所だった美しい『天国の回廊』があります
なんだかとても美しいドゥオモ、アマルフィの町によく似合ってて

b0175688_21281844.jpg
b0175688_2128318.jpg
b0175688_21284882.jpg

通りを歩くとたくさんの土産物屋さん
色とりどりの食器や、特産のレモンを使ったチョコやキャンディーやリキュールが目に付きました

b0175688_2137317.jpg
b0175688_21374613.jpg

b0175688_21423057.jpg

ここで私はバールデビュー(*^-゚)vィェィ♪
イタリアにはたくさんのバールがあるのに、なかなかデビューできなくて、ここが最後のチャンスと言われてイタリアンカプチーノ、飲んできました

b0175688_21401912.jpg

b0175688_21394385.jpg

もう少し時間があったので、海岸に出て

b0175688_21433025.jpg
b0175688_21434253.jpg

断崖には家だけではなく、特産のレモンの木が

b0175688_21435782.jpg

バスに乗って一路今夜の宿、カゼルタのクラウンプラザ・カゼルタへ

b0175688_2146351.jpg
b0175688_21465380.jpg

さよならアマルフィ。。。。さ・よ・な・ら

これでイタリアの観光のすべてが終わりました
7泊9日、長かったような短かったような、でもブログにするとやっぱり長かったね

日本では未曾有の大震災で大変なことになっているのに、良かったのかな?と思いつつも、この機会にこのツアーに参加しなかったら、きっと一生イタリアに行くことはなかったでしょう

そのつけが回ってきたのでしょうか、帰国もなかなか大変だったんです
また改めてアップしますが、イタリア旅行はこれでひとまず終了です

ばんざーーーい\(^ ^)/

こんなつたないイタリア旅行ブログを、覗いていただき、ありがとうございました



by april777yi | 2011-05-11 21:57 | | Comments(4)

私のイタリア旅行日記、もうすでに終了したと思っている人も多いと思うのですが、じつはまだ続きがあるんです
えーーーーーって、私自身がそんな気持ちで、もうすっかり過ぎ去ったこと
記憶を辿るのが大変だけど、あと2回で終わるかな、取り敢えずこれが終わらないと、せっかくのイタリア旅行がね(^^♪

イタリア旅行7日目の今日は、ローマのホテルを出発後、目的はナポリを基点に観光、まずはポンペイ遺跡へ
でも、その前に途中にあるサンタ・ルチア地区をバスの車内から観光、一番美しく見える海岸線では、少しだけ下車をして、美しい景色を眺めることができました

サンタ・ルチアと言えば、『サンタ~ァルゥチィア~♪♪♪』と何度かは唄ったことがありますね(^^♪
でも、そのくらいの知識?知らなかったと言ったほうが良いくらいでしたが、実はこんな町でした
と言うものの、車内観光のほうがずっと多かったので、写真はほとんど車内から見た景色です

ヌオーヴォ城 (アンジュー家の城) 内部は市立博物館になっているそうです


b0175688_1126524.jpg

サンカルロ劇場

b0175688_11262149.jpg

トリエステ・エ・トレント広場

b0175688_11264053.jpg

b0175688_11265774.jpg

広場の周りには商店街もあります


b0175688_11271147.jpg

この右奥にはウンベルト1世のガレリアがあるのですが、入って見れないのが残念(・_・;)

b0175688_11272670.jpg
b0175688_11274188.jpg

一度バスから下車して、美しい海岸線を♪d(´▽`)b♪

b0175688_1141103.jpg

少し暗くて見え辛いけど、21世紀の古城。 左にはヴェスヴィオ火山が見えて、良い景色(*^^)v

b0175688_114422.jpg

短い時間だったけど、広場の中を2周も回ってくれた運転手のダヴィデさん、ありがとう

このあと、観光のお決まりのショッピングを兼ねて、カメオのお店に立ち寄りました
カメオってこうして作るんですね、本物は高価だけど、やっぱり美しい。でも、買わなかったけどねヘヘ。。

b0175688_11483212.jpgb0175688_11485367.jpg
b0175688_1149557.jpg
b0175688_11491979.jpgb0175688_11493530.jpg

さあ、今日の目的のポンペイ遺跡に向かって、出発!!

ポンペイ遺跡に到着
1900年前のヴェスヴィオ火山の大爆発により一夜にして死の灰に閉ざされた町
18世紀半ば、ナポリ王カルロス3世によって発掘され、厚い火山灰の下から現れた遺跡は、古代人たちの生活が鮮明にわかるほど残っていて、一瞬これが?と思うほどのものでした

今考えると、どの辺りを歩いたのかな?
出かける前にもっと地図などで勉強しておけば良かったな、と思う観光地のひとつで、そのくらい広くてたくさんの遺跡が見られました

b0175688_13594616.jpg

b0175688_14102920.jpg

遺跡の入口、左側の小さいほうが人、大きいほうが馬専用だったようだけど、今は左側は閉鎖されていて、人は右側の大きい入口から
入ってすぐのところには崩れ落ちた城壁も

b0175688_14142040.jpgb0175688_14143241.jpg
b0175688_14161278.jpg

ここからがポンペイ遺跡、現地ガイドさんの説明を聞きながらも、中央のマリーナ通りなどをキョロキョロしながら遺跡散策
ここが1200年以上も前の。。。

中央マリーナ通り 丸い飛び石は今で言うところの横断歩道のようなものだそうです

b0175688_14201883.jpg


ここはバジリカだったばしょ、裁判や商取引が行われていた場所です

b0175688_14205792.jpg
b0175688_14211417.jpg

フォロ(神殿)のある中央広場へ  そしてここから見るヴェスヴィオ火山は、この町を死の町にした火山だと思うと、美しいけど複雑です

b0175688_14272276.jpg

遠くの中央に見えるのが、カリグラ帝の凱旋門

b0175688_14285180.jpg


b0175688_14215046.jpg
b0175688_1422152.jpg

市場内のイケス??らしい

b0175688_14295125.jpg

フォロの浴場やサウナ

b0175688_14311251.jpg

b0175688_14325100.jpg

b0175688_1434315.jpgb0175688_14344427.jpg



















通りを歩いていると、またまた丸い石畳、石と石の間はちょうど馬車が走る轍になってます
そして玄関前にある、今で言うところの『飼い犬注意!!』

b0175688_14413833.jpg
b0175688_14415287.jpg

そして、町のあちこちにある水飲み場も、ちょっと見入ってしまいますね

b0175688_14434932.jpg
b0175688_1444418.jpg

かつてのパン屋さん、左の赤いレンガがパン焼きの釜かな、中央は粉引き??

b0175688_14471670.jpg

今も昔も?かわらないなぁ、ここにもあります売春宿 文字がない時代だから?絵で表してて(*^-^)ニコ
b0175688_14481088.jpg
b0175688_14482352.jpgb0175688_14483720.jpg
広いメインストリートだけではなく、小さな路地もあちこちにあります
そしてまたメインストリートに出てきて、迷いそう~(^^♪

b0175688_14511226.jpgb0175688_14512814.jpg
b0175688_1454531.jpg

これは当時の高級住宅の入口、やっぱり立派、昔も当然格差ってあったんだね

b0175688_15533216.jpg

アポロの神殿 48本のイオニア式円柱で囲まれた大神殿です

b0175688_15565819.jpg


ポンペイ遺跡の散策が終了しました
一歩外に出るとポンペイの町並みが眼下に、ここでもう一度城壁を振り返ると、今と昔。。。

b0175688_1614130.jpg
b0175688_1615483.jpg


ポンペイの空も野草も現代のものだけど、きっと古代からずっと同じだったんでしょうね

b0175688_166161.jpgb0175688_1663334.jpg


















ポンペイ遺跡には、まだまだ見ていないところも多いですが、時間の関係で、写真でアップしたところ以外は歩いていません
そうそう、火山灰に埋もれて亡くなった方の姿を象り、石膏を流し込んで作った人型などもあったけど、ちょっと写真には撮れなくて、見るだけにしておきました

これでポンペイの観光を終え、あとはアマルフィの観光を残すのみになりました
このアマルフィは、映画『アマルフィ』で一躍人気の観光地になった町だけど、名前だけではなく町そのものをじっくり見ます

また次に続く。。。
by april777yi | 2011-05-09 16:18 | | Comments(2)

今回のイタリア旅行もなんとかローマ観光がはじまり、コロッセオ・フォロ・ロマーノ・そしてヴァチカン市国を巡りましたが、そのどこもがやはりイタリアを表現するところばかりで、楽しいローマ観光をしています

えっまだ続いていたの?と言われそうだけど、そうなんです、もう少しで終わりますので(^_^)ニコニコ

午後からは、映画『ローマの休日』でお馴染みの、『真実の口』『スペイン広場』そして『トレビの泉』を回ります
と、ブログではそう言う事にしましたが、実際ツアーでは『真実の口』にはヴァチカン市国の観光前に行ってきました(・_・;)

まあ、わかりやすいように、ローマの休日がらみで纏めてみました(*^^)v

『真実の口』はテヴェレ川沿いを歩いてサンタ・マリア・イン・コスメディアン教会の入口左にあり、私的にはまったく予想もしない場所でした
正直に言えば、『エーこんなところ』って感じ(*^-^)ニコ

b0175688_2132214.jpg
正面がサンタ・マリア・イン・コスメディアン教会、この左側に入口があり、時間帯によっては観光客の長蛇の列が出来ますが、この日は順調に進みました
b0175688_21351653.jpg


























この正面に見えるのが、かの有名な『真実の口』ですよ
b0175688_2140344.jpg


























なんだか自然体ではないけど、待ってる人がいっぱいなので、とりあえず手を入れて。。




















サンタ・マリア・イン・コスメディアン教会の中を抜けて外に出ましたので、中の様子も少し
ちょうど小さな子供の洗礼式が行われていて、日本で言うお宮参りのような感じでしょうか

b0175688_21414674.jpg

ここもまたモザイクの床がきれいです

b0175688_21421211.jpg


サンタ・マリア・イン・コスメディアン教会を出て少しテヴェレ川沿いを歩いてバスへ
移動中にもテヴェレ川沿いに建つたくさんの建物にカメラを向けて、写真を撮りましたが、今思うとどこをどう歩いたのか?、バスはどこを走ったのか?いったいその建物がなんだったのか?

とりあえず順を追って、テヴェレ川

b0175688_21552415.jpg

テヴェレ川を挟んで見えるのがサンタンジェロ城と最高裁判所

b0175688_2147677.jpg

b0175688_2231068.jpg

まだ残る町を囲む城壁

b0175688_21502673.jpg

ヴェネツィア広場とヴィットリオ・エマヌエール2世記念堂

b0175688_21504547.jpg

(左)ヴェネツィア宮殿 (右)サンタ・マリア・ディ・ロレート教会

b0175688_21505827.jpg

ヴェネツィア広場周辺 正面はトラヤヌスの記念柱 サンタ・マリア・ディ・ロレート教会

b0175688_2151127.jpg

マジョーレ大聖堂

b0175688_21512675.jpg

b0175688_21514183.jpg

双子教会とポポロ広場中央に建つオペリスク

b0175688_2151557.jpg

車窓からの眺めだけでも、これだけの建物、風景、本当に素晴らしい建物がたくさん残っているんですね~

やっと『トレビの泉』に着きました~
ここもまたすごい人で、容易に写真も撮れないし、お金を投げ入れるのも大変!!

b0175688_22191057.jpg
b0175688_2219296.jpgb0175688_2219431.jpg
何とかコインを投げ入れることに成功!!(*^-゚)vィェィ♪  みんな記念撮影に必死です

b0175688_22195661.jpg

美味しそうなジェラート屋さんが目の前に!!ここが再集合場所なので、これはもう食べないわけいにはいかないでしょう  とっても美味しかったです♪d(´▽`)b♪

b0175688_222828.jpg
b0175688_22293198.jpg













さあ、ここから幾つかの通りを歩いて、今日最後の観光『スペイン広場』に向かいます
でも、やっぱりどの通りを歩いたのか?通りの名前もわかりません。。

b0175688_7564086.jpgb0175688_7565610.jpg
もう『スペイン広場』はすぐそこ、ミニャネッリ広場までやってきました
ミニャネッリ広場と、聖母マリア記念像

b0175688_805967.jpg

b0175688_812469.jpgb0175688_814474.jpg





















ローマスペイン宮殿

b0175688_824177.jpg

やってきました『スペイン広場、スペイン階段』♪d(´▽`)b♪
名前の由来は、17世紀にスペイン大使館があったこと、広場の前にはスペイン階段があります
ここもまたすごい人で、でも、みんな階段に座って全景を眺めたり、写真を撮ったり、アン王女がアイスクリームを食べたのはどの辺り?

b0175688_8281678.jpg

私たちも階段に座って、しっかり記念写真、パチリ!!\(^ ^)/ 人が邪魔だとか言ってる場合じゃないんです

b0175688_8421064.jpgb0175688_8422575.jpg



















スペイン階段の手前にあるのが『バルカッチャ噴水』、テヴェレ川でワインの運搬に使われていた老いぼれ船(バルカッチャ)をかたどったもののようです

b0175688_8285449.jpg

階段の正面、見上げたところにはトリニタ・ディ・モンティ教会、2つの鐘楼とその間に建つオペリスク

b0175688_8291651.jpg

b0175688_8381328.jpg

階段の途中から下を見ると、やっぱりたくさんの人・人・・・

b0175688_830682.jpg


再集合場所が鐘楼の下だったので、階段を上りながら、スペイン広場に別れを告げます
今日も慌しく観光した1日でしたが、今日はすこしミーハー気分になる場所もあり、いっぱい楽しめました♪d(´▽`)b♪
この風景も、忘れないようにしないとね!!

さあ、また通りを抜けてバスへ

b0175688_8494069.jpg
b0175688_8511195.jpg


















ローマの休日の舞台を歩いたこの日は、きっと映画のシーンを思い出したお仲間も多かったと思います
長くなりそうだけど、ついでに今日一日の食事を忘れないうちに。。。

朝はいつものバイキング
b0175688_914220.jpg


















お昼は、生野菜と三種類のピザとデザートのティラミスで、本場のピザがとても美味しかったです

b0175688_985593.jpgb0175688_9966.jpgb0175688_991794.jpg
b0175688_924484.jpgb0175688_93010.jpg
















この日の夕飯は、主食はシーフードリゾット、主菜はお肉、豚肉と生ハムを焼いたものでした
シーフードリゾットも美味しくて、やっぱり日本人、お米が懐かしい感じでした
デザートは甘いアイスクリーム(*^^)v

b0175688_91068.jpgb0175688_9101897.jpgb0175688_910326.jpgb0175688_9104837.jpg

そろそろイタリア料理を食べる回数も、残り少なくなってきました
毎日三食、きっちりと日本にいるとき以上に食べているので、体重が増えてきていること、自分でもわかります
でも、せっかくだものね~気にしないで食べてますよ(*^-゚)vィェィ♪
この日も、美味しい食事ご馳走さまでした

イタリアでの観光もあと1日、明日はローマから宿泊予定のカゼルタまで、ポンペイ遺跡やアマルフィ海岸に立ち寄り、ナポリは車窓観光で
また厳しいスケジュールの1日になりそうです
ファイト!!
by april777yi | 2011-04-26 09:16 | | Comments(0)

まだイタリア観光5日目も、半分も消化しておりません
コロッセオをあとにした私たち一行は、次なる観光の地、世界最小の独立国として認められているヴァチカン市国にやってきました
ここヴァチカン市国、詳しいことは知らなくても、カトリックの総本山であるサン・ピエトロ大聖堂があること、特別な日にはローマ法王のミサが行われることくらいは事前知識として頭にあります
でも、実際このサン・ピエトロ広場に立つと、ここがあのヴァチカン市国なんだと、感動を覚えました

大聖堂への入口、サン・ピエトロ広場
周りを囲むように建つ柱廊には284本の巨大な柱が並び、サン・ピエトロ大聖堂まで導くように続いています
柱の上を見上げると、カトリックの聖人たちの彫刻がずらり、その数140体
これはいずれもベルニーニの弟子たちが製作したものだそうです
そうは聞いても、気が遠くなるような彫刻の数々、ついついカメラを上部に向けて撮りまくってしまいました

大聖堂の入口、サン・ピエトロ広場と広場側から見る、サン・ピエトロ大聖堂

b0175688_034325.jpg

大聖堂をぐるっと囲むように柱廊に建つドリース式の円柱

b0175688_054630.jpg
b0175688_062099.jpg

b0175688_092674.jpgb0175688_094866.jpg
見上げると140体もの聖人たちの彫刻

b0175688_013103.jpg
b0175688_0132667.jpgb0175688_0134428.jpg
上の写真でもわかるように、広場にはサン・ピエトロ大聖堂に入る人の長い列が出来ていますが、これでもこの日はすんなり入れたようです

このヴァチカン市国にはスイス人衛兵があちらこちらに立っていて、聞くところによると、大人とは記念写真は撮らないそう、何故??(^^♪
この征服を着れる事自体、大変名誉なことなのだそうですよ、何となくわかる気もしますね

b0175688_020750.jpgb0175688_0202410.jpg





















さあ、広場側からサン・ピエトロ大聖堂に入ります、ここにも聖人たちの像がいたるところに

b0175688_0225367.jpg

b0175688_0243171.jpg
b0175688_0245971.jpgb0175688_0251764.jpg
サン・ピエトロ大聖堂側から、サン・ピエトロ広場全体を見てみます

b0175688_0275554.jpg

室内に入ってきました、あまりの広さにびっくり!!ここサン・ピエトロ大聖堂も感動の連続でした

b0175688_0341074.jpg

クーポラの真下には教皇の祭壇があり、ブロンズの大天蓋で覆われています

b0175688_036799.jpg

実は、この中にはかなり有名な彫刻などもあるのですが、私自身あまり良く見ていなかったようで、大事なものは写真に撮ってない(・_・;)
まあ、こんなものでしょう、二度目はないと思うけど、もしまた訪れたらその時はね。。。
とりあえず室内を。。。
クーポラの辺りの天井や、
b0175688_0411029.jpg

b0175688_0385037.jpg
b0175688_039789.jpg
b0175688_0392277.jpg

b0175688_0431215.jpg
b0175688_0435721.jpg
b0175688_044103.jpg

本当はこんなものではありません
時間が許せば、クーポラに上れば、ヴァチカン市国の全景も見えるはず、やっぱり残念。。。。

時間に追われて、とりあえず外に出ましょう
ちょうど噴水と噴水の間の、白い大理石の敷石の上に立つと、不思議な光景が見られます
それは。。。

普段はこんな感じで柱がずれて見えるのに、敷石の上に立ってみると、どうしたことでしょう
柱が重なって見えます、不思議???

b0175688_0511357.jpgb0175688_0513446.jpg
























さあ、憧れのヴァチカン市国でのひと時も終わります、もう一度広場からサン・ピエトロ大聖堂を振り返って見ました
右の塔はオペリスク

b0175688_0534542.jpg


名残惜しいけど、今日はまだ行くところがあるので、時間は待ってはくれません
そろそろお昼ごはんかな。。。
次は名所中の名所?、トレビの泉とスペイン広場に参りますぞーーーー

つづく
by april777yi | 2011-04-20 00:58 | | Comments(2)

イタリア観光5日目はいよいよローマにやってきました
このローマもまた世界遺産ばかりの町で、予定ではコロッセオ・フォロ・ロマーノとバチカン市国とかの有名な?トレビの泉やスペイン広場、真実の口などを回ることになっています

今日はローマだけの観光のため、少し出発時間もいつもより遅くて8時半にホテルを出発、見所の多いローマを1日たっぷり観光します
重要な部分だけを抜粋して書けば1日で済むのに、まとめるのが下手で、あれもこれもとなってしまって(・_・;)
なので、ブログのローマ編も何日かに分けて書くことになりそうです

まず訪れたのが紀元80年に完成した、4階建ての円形競技場コロッセオ。
当時は猛獣と剣闘士、または剣闘士同士の戦いが見世物にされていた場所
外観も内部も、それは見事に大きくて当時の収容人員が5万人だったと言うのも頷けます
まずは外観の大迫力と入ってすぐのところ

b0175688_8234380.jpgb0175688_82455.jpg
b0175688_828181.jpgb0175688_8281640.jpg
内部も、大地震のあとの石切り場となったとは言え、これだけのものが残っていることに驚き、また全景を見るとほんとうに美しいですよね

b0175688_8332562.jpg
b0175688_834632.jpgb0175688_8342363.jpgb0175688_8345044.jpg

内部の全景です、収容人員5万人、これがその内部なんですが良くこれだけのものが残ってますね~圧巻!!

b0175688_8353012.jpg


コロッセオを慌しく見て、次はお隣にあるフォロ・ロマーノへ
コロッセオからもフォロ・ロマーノが見えますが、古代ローマの政治・宗教・商取引の中心地だったということで、いろんな歴史も感じられそうです
コロッセオから見たフォロ・ロマーノ方向、コンスタンティヌス帝の凱旋門

b0175688_851091.jpg

b0175688_8534929.jpg

少し離れたところから見るフォロ・ロマーノ

b0175688_852114.jpg

b0175688_8531096.jpg

実際、フォロ・ロマーノに入って行きますが、今になって思うと、中の地理的な様子などはまったくと言って良いほど記憶になくて、写真を見ても、本当に写真に残したかったものはほとんど撮れていません(・_・;)
コロッセオの前にはこのような馬車や、剣闘士の格好をした人たちがあちらこちらにいるのですが、下手に写真を撮ったりすると、金銭を要求されるとか。。。気をつけなくっちゃ!!

b0175688_92731.jpg

では、フォロ・ロマーノの風景
良くわからないうちに撮った写真ばかりで。。。

b0175688_942730.jpg
b0175688_945112.jpg

b0175688_955048.jpg

b0175688_9152414.jpg

左の建物は元老院

b0175688_934772.jpg

ユリウスの神殿

b0175688_916278.jpg

わかりづらいけど、左側がヴェスタの神殿、右の建物が、カストルとボルクスの神殿かな

b0175688_9163844.jpg

ヴェスタの神殿

b0175688_917266.jpg

中央広場

b0175688_918244.jpg

ガイウスとルキウスのポリティックス

b0175688_9182691.jpg

何百年前の石??

b0175688_9184848.jpg

ここでもまた短い、限られた時間での自由散策だったので、どこをどお歩いたのやら。。。

また集合をして、出口のほうへ向かいます
ここティトゥウス帝の凱旋門はフォロ・ロマーノの東の外れにあり、今も美しい形で残っているレリーフは素晴らしかったです

b0175688_929398.jpg

アーキヴォールト(飾り迫縁)

b0175688_931556.jpg

b0175688_9323984.jpg

天井のレリーフ

b0175688_9331735.jpg

またコロッセオのところに出てきましたが、ここは反対側かな、また違うコロッセオが見れました

b0175688_934212.jpg

またまた写真ばかりになってしまったけど、あとで見て思い出せるようにと思うと、つい。。。
さあ、次はどこかな?
世界最小の主権国家、バチカン市国に向かいます

つづく。。。
by april777yi | 2011-04-15 09:39 | | Comments(0)

今回の旅の5日目(観光としては4日目かな)は、観光する地が多くて、かなりのハードスケジュール
それも、世界遺産の町を3つも訪れるのですから、気合だけは充分に入れていたけど、さすがに午後ともなるとお疲れ気味。。。

「美しき塔の町」サンジャミーノ、『中世の趣き漂う町』シエナ、そして最後が『聖サンフランチェスコの町、石造りの町』アッシジ
アッシジはシエナからはバスで3時間、かなりの移動距離だけど、とりあえずバスの中では眠ってよう!!

このアッシジでは、本来は聖フランチェスコ教会だけを観るはずが、現地ガイドのおじさんが、アッシジを心から愛する方で、せっかく来たのにと、聖フランチェスコ教会までの道々で、たくさんのことを説明してくださいました
その気持ちがなかったら、きっとこんなにはアッシジを見ることもできなかったし、知ることも出来なかったと思います
今となっては、心から感謝をしています(*^-^)ニコ

アッシジについてちょっと(地球の歩き方より)
オリーブの丘の上、周囲に広がる緑の平野を見下ろすアッシジ
12世紀の清貧の聖者フランチェスコの町
この町の豪商の息子として生まれて、放蕩無頼の生活を送っていた彼を、一転敬虔な宗教の世界へ誘ったのはこの豊かな自然であったと。。。
それは今でもかわらずに続いているようでした

でもね、現実にはどこをどお歩いたのか、写真を見ても地図を見ても、はっきりとは思い出せないんです(・_・;)
だから、ガイドブックを見ながら、当日のことを少しでも思い出せたらと、頑張って日記を綴っています

丘の上に建つアッシジの町だからこその風景、日本の田園風景とはまた違う美しさがありますね

b0175688_1837146.jpg
b0175688_18373559.jpg

アッシジの町に入るために町の東側にあるヌオーヴァ門をくぐりいよいよです
ずっと前ですが、NHKの番組でこの世界遺産の町アッシジを放送していたのを見て、ここには絶対に来たいと思っていた私
アッシジを観光するツアーはそれほど多くなくて、今回ハードだったけどこのツアーを選んで良かったです

ヌオーヴァ門をくぐり
b0175688_18592951.jpg

ボルゴ・アレティーノ通りを歩きながら
b0175688_1932588.jpg

眼下にはオリーブ畑
b0175688_195337.jpg

オリーブ畑の先にはサンタ・キアーラ聖堂
b0175688_196227.jpg
b0175688_1963694.jpg

目まぐるしく変わる風景に、ついついきょろきょろしてしまいます
いよいよ最初の教会、サンタ・キアーラです
裏側から入る形になりましたが、途中のアールの隙間から見える景色がまたまた良くて
みんななにを見ているのかな?何を撮っているのかな?
b0175688_19213229.jpg

私はアールの先にロッカ・マジョーレを見ました、ロッカ・マジョーレだけをズーム!!
b0175688_19251871.jpg

b0175688_19225139.jpg

これがサンタ・キアーラ教会です
b0175688_19291381.jpg

b0175688_19305247.jpg
b0175688_1931972.jpg

教会の前庭から見る眼下の風景も、また素敵でした 下の写真の遠くに見えているのはサン・ルヒーノ聖堂?
b0175688_19351651.jpg

b0175688_19333558.jpg

サンタ・キアーラ教会の前で記念写真!!高台に見えるのはヌオーヴァ教会
b0175688_19442397.jpg
b0175688_19443651.jpg

これからサン・フランチェウスコ教会に向かって歩きますが、途中の風景からもアッシジの町が垣間見れると思います
石造りの町並み、狭い路地、お土産物屋さんetc・・・

b0175688_2005374.jpgb0175688_201811.jpgb0175688_2012621.jpgb0175688_2015472.jpgb0175688_2021623.jpg
b0175688_205689.jpg
ふと見上げると、石造りの町並みの隙間からアッシジの青い空、その向こうにはヌオーヴァ教会のまるい屋根かな

b0175688_2092175.jpg

町の中心、コムーネ広場までやってきました
紀元前にはここにミネルヴァ神殿が建っていたそうで、今は神殿跡になっています

b0175688_20134022.jpg
b0175688_2014360.jpgb0175688_20142143.jpg





















サン・フランチェスコ聖堂に着くまでにはもう少し楽しめそう(^^♪
ふとした建物の隙間からや、通りすがりにもいろいろ。。。。

b0175688_20185841.jpgb0175688_20191450.jpg





















そしてやってきました、サン・フランチェスコ聖堂
上下二層になった聖堂は、1230年に下部教会が1253年に上部教会が完成
上部聖堂の3つの壁面には、右奥から入口、入口左から左奥への順序で、ジョットがサン・フランチェスコのエピソードを28面に分けて描いています
中は写真には撮れませんが、現地ガイドさんの説明を聞きながら、しっかり見てきました
サン・フランチェスコ聖堂の上部聖堂から入ります
b0175688_20533971.jpg

広場からの風景 (聖堂広場越しにアッシジ新市街地を見る)
b0175688_20562081.jpg

サン・フランチェスコ聖堂の前庭
b0175688_20563697.jpg

b0175688_210286.jpg

上部聖堂の中庭
b0175688_2057491.jpg

下部聖堂の広場です
b0175688_20572170.jpg

下部聖堂の入り口
b0175688_20573742.jpg
b0175688_20575291.jpg

サン・フランチェスコ聖堂の全体はこんな感じです、美しいですね~
b0175688_2058851.jpg


どの聖堂も、日本人の感覚らするとやはり珍しい建物に見えますが、イタリアをはじめとするヨーロッパでは当たり前のもの
そういう意味でも、やはりここに来なければ絶対に見ることはできません

このアッシジは、今回のイタリア旅行の中でも最も行ってみたかった町だったので、お天気にも恵まれ、現地ガイドさんにも恵まれ、本当に良かったなと思います
もう少し時間にゆとりがあったなら。。。。。これは最後まで呟いていそうです(*^-^)ニコ

サン・フランチェスコ通りを抜けて、バスに戻ります
b0175688_21351978.jpg


サン・フランチェスコ聖堂を後にして、またバスに乗って、今日はローマ泊
ローマまではバスで3時間、ローマでは2連泊なので、フィレンツェのときと同じように、今夜は少しはゆっくりできるかな

ところで今日のお昼ご飯はなんだったんでしょう、何時食べたんでしょう。。。
忘れないうちに書いておこう

お昼はシエナで、ミネストローネスープとローストチキン生野菜添えとチョコレートアイスのデザートでした
b0175688_223211.jpg

b0175688_223216.jpgb0175688_223386.jpg





夜はローマのホテルで、モッツァレラチーズとトマトのサラダとお魚料理とプリン
b0175688_2252810.jpg
b0175688_2254664.jpgb0175688_226312.jpg
ご馳走さま~

やっと長い一日が終わりました
今夜はローマのホテルでゆっくりお風呂に浸かって、簡単に荷物の整理をして、ベッドに入ります
b0175688_22172742.jpgb0175688_22174395.jpg
明日は終日ローマです
おやすみなさいzzzz
by april777yi | 2011-04-11 21:38 | | Comments(0)

午前中サン・ジミニャーノの町散策を堪能して、またバスで移動すること1時間、シエナにやってきました
ここシエナも世界遺産の町、トスカーナの古都です

イタリアはどこに行ってもその中心にはドゥオーモがあり、ここシエナもやはりそうでした
城壁で囲まれたシエナ、その町を時間をかけて歩きたいけど、ツアーだった(・_・;)急ぎ足で。。
シエナの見どころといえばやはりカンポ広場とドゥオーモでしょうか
バスを降りてカンポ広場に向かう間にも、中世の面影があちらこちらに残っているのが見て取れます
城壁に囲まれた町には、このような風景もあちこちで見られました
b0175688_062327.jpg

一歩町に入ると、ガイドブックの説明ではないけど、ほんとうに中世に紛れ込んだような不思議な感じがしてきますが、このような景色だけは日本では絶対に見ることはできないですね(国が違うんだから当たり前だけど)

シエナの町並み

b0175688_092729.jpg
b0175688_094037.jpg
b0175688_010630.jpg

そして当然のように石畳
b0175688_0104341.jpg

遠くに見えるのは、これから行くドゥオーモの方角かな。。。みんな一斉にシャッターを押して(^^♪

b0175688_0112767.jpg


坂の上から見えた建物は、サン・ドメニコ教会です(遠目に見るだけで。。。)

b0175688_0142897.jpg

少し歩いて行くと、ドゥオーモ広場
ここにはもちろんドゥオーモと、洗礼堂があり、どちらも白い大理石が美しい

ドゥオーモの後陣部にある洗礼堂

b0175688_0242063.jpg

b0175688_0245777.jpgb0175688_0251226.jpg



















そしてドゥオーモです
外壁を飾る大理石の縦模様と、上部の円花窓を囲む40もの聖人たちの像はとても細かくてあでやかでした
b0175688_0293073.jpg
b0175688_0294422.jpg
b0175688_0302668.jpg

b0175688_0321716.jpgb0175688_0323574.jpg






















ドゥオーモの中には入れませんでしたが、入り口の床の白と黒の大理石も印象的です
b0175688_0413238.jpg


さあ、いよいよ世界一美しい広場と言われる『カンポ広場』まで歩きます
途中の町並みにもまたうっとり。。。
石の壁にある飾りのようなものは、馬を繋いでいたものだそうです

b0175688_0461382.jpg
b0175688_0462967.jpg
b0175688_04743.jpg






















カンポ広場にて
緩やかなスロープを描く扇形のカンポ広場、そしてそこに立つシンボル的な、エレガントな宮殿『ブッコリ宮殿』と、短い時間ではとても見れないところでしたが、残念ながらツアーの悲しさ(・_・;)
ブッブリコ宮殿の横にあるマンジャの塔にも上れず、カンポ広場全体の様子を写真に撮れなかったのがとても残念でした
でも、そこに私がいたことは確かなこと、記念写真も撮ったし、まあ仕方がないですね

とりあえずカンポ広場の雰囲気だけでも

b0175688_0582813.jpg
b0175688_0584118.jpg

そしてブッブリコ宮殿とマンジャの塔
b0175688_0585573.jpg

カンポ広場では毎年7月2日と8月16日に「パリオ」(裸馬競馬)が行われ5万人の群集が集まるそうですが、普段は広く静かな、でも人々の集まる美しい広場です
時間があれば、しばらく座っていたい気持ちでした(*^-^)ニコ

さあ、急いでまた移動です
移動しながらもやっぱり気になる、素敵な町並み。。。

b0175688_165026.jpg

今日はこれからもう一箇所の世界遺産の町、アッシジへ行きますよーーーー

アッシジへ続く

実はさっき、大きな地震があって、千葉は震度4、10階の我が家もかなり揺れました
眠れそうにもないので、TVをつけて見ています
ついでにイタリア旅行記を書いています
今夜は眠れるのかな。。。嫌だな~
by april777yi | 2011-04-08 01:12 | | Comments(2)

イタリアの観光もいよいよ4日目となりました
昨夜とその前の日は連泊で、ちょっと楽をしましたが、今日はまた朝から荷物をドア外に出さなければならないので、忘れ物のないように何度もチェック!!
それでも、ポーターがいてくれるだけドアからバスまで運んでもらえて助かります

荷物を外に出して朝食まで少し時間があったので、ホテルの外を散歩
今回のツアーの中で、こんなにゆっくりした朝は始めてかも(*^^)v
ホテルの外観はあまりデラックスでもないけど、郊外にあるので静かです(コンビニや商店街もないので寂しいですが。。)
b0175688_2324217.jpg

散歩のときに見つけた野草は、日本とまったく同じなんですよ、当たり前かもしれないけど世界共通??
夜露に濡れたオオイヌフグリと                      ほとけのざ
b0175688_23253014.jpgb0175688_23254589.jpg

さて、今朝も朝食はお腹いっぱいになるまで食べました\(^ ^)/
b0175688_23193640.jpg


朝食後、美しき塔の町サン・ジミニャーノへ およそ1時間で着きました
中世の情緒あふれる町並みと、そこにそびえる塔の群れはとても美しいくて、絵を見ているようです
最盛期には70を超えていた塔も、今は14と少なくなったそうです

まずはサン・ジョヴァンニの門をくぐると、石畳の町が始まります

b0175688_23392060.jpgb0175688_23412617.jpg

b0175688_23473161.jpgb0175688_23474594.jpg













サン・ジョヴァンニ通りを歩いてチステルナ広場です



















塔の町、本当にその名のとおり見上げれば塔、ここは町の中心チステルナ広場
b0175688_2353367.jpg
b0175688_23531653.jpg

広場の中央には、かつてはこの町の重要な水源だった井戸(ステルナ)もあり、とても良い雰囲気です

b0175688_005474.jpg
b0175688_011386.jpgb0175688_012824.jpg


















ドゥオーモ広場を少し上がったところにあるドゥオーモは参事会教会でもあります

b0175688_05892.jpg

そうそう、チステル広場には世界一美味しいジェラート屋さんがあることを聞き、そこは逃しちゃいけないと、みんなこぞって買って食べてました
もちろん私も(^^♪

世界一のジェラート屋さんと、世界一美味しいジェラート、そしてサン・ジミニャーノの青空とジェラート(^^♪

b0175688_0105712.jpgb0175688_0111283.jpg
b0175688_0112747.jpg

ジェラートも美味しかったし、中世の雰囲気が残るこの町がとても素敵でした

この日もまだイタリア建国150年のお祝いの国旗が、町のあちこちで揺れていました
記念になる日にイタリアにいることが出来て、幸せです

b0175688_0164593.jpg


さあ、もう一度サン・ジョヴァンニ通りを抜けてバスへ
この日はもう二箇所の世界遺産の町を歩きます、シエナとアッシジ、また移動です
シエナに続く
by april777yi | 2011-04-06 00:19 | | Comments(2)

お昼ごはんを食べた後、またバスに乗り込んで、次の観光地、世界遺産の町ピサへ
ここピサは斜塔の町としてあまりにも有名!!
私も、ずっと昔まだ子供だった頃、ヨーロッパのある町に、毎年少しずつ傾いている塔があって。。。
そんなことを知った記憶があります
写真を見たこともあるけど、それはそれは遠い、知らない国の、知らない町のお話で、ここに来るまでも、楽しみに思うだけでした
それはどんな町なの?なぜ傾くようになったの?
歴史的には、もっといろんなことがあった町のようだけど、やはりこの斜塔がなければ、ガリレオが『落下の法則』の実験をして『振り子の等時性』を発見しなければ、こんなに有名にはなっていなかったかもしれませんね
とにかくこんな町です

ほとんどの見所がが、この斜塔の周りに集中しているので、移動は少なそうです
ただ、一般のバスなどが入れないため、シャトルバスでドゥオーモ(ミラーコリ)広場まで移動します
シャトルバスを降りて、土産物の露店を通り過ぎると、そこにありました、見えました、ピサの斜塔!!
でも、なんだか不思議な光景
勉強不足だったからでしょうね、もっと何か町らしい町でもあるのかと思ってた(*^^)v

広場には斜塔とドゥオーモと礼拝堂が!!
そのどれもが白い大理石で造られていて、緑の芝生輝くドゥオーモも礼拝堂も斜塔も、とても美しいです

手前から、礼拝堂・ドゥオーモ・斜塔 (位置関係はこんな感じです)
b0175688_1953924.jpg

上から、礼拝堂・ドゥオーモ・斜塔
b0175688_1910242.jpg
b0175688_19104080.jpg
b0175688_19112158.jpg

斜塔の角度がね、カメラを持つ手の傾きなどもあるから、ちょっと微妙だけど、人間が真っ直ぐに立っているところを見ると、こんな感じだったと思う(*^-^)ニコ

そして、ほとんどの観光客がこのポーズで写真を撮ってます、私も・・・・こんな感じ??
これは、カメラを持っている友人が移動してくれて、私に合わせてくれてシャッターを押してくれました

b0175688_19162249.jpg

あちこち移動しながら、いろんな角度から、ちょっと纏めて(^^♪

b0175688_19194070.jpgb0175688_19195218.jpgb0175688_1920516.jpgb0175688_19202858.jpg
b0175688_19243332.jpg

そして添乗員さんに撮ってもらった2人の記念写真

b0175688_19253465.jpg


この日は午前中フィレンツェの町をたっぷり観光して、午後はここピサに移動、かなりたっぷり観光したけど、それでもあとで思うと、駆け足だったな、もう少しゆっくり見たかったなと、贅沢なことを思ってしまいます

さあ、またフレンツェに戻って、夕飯です♪d(´▽`)b♪
今夜は中華だって、フィレンツェには中華料理のお店もかなりあるらしいですよ~
スープから始まって、チャーハン、麻婆豆腐、野菜の炒め物など、日本人に合う味になってて美味しかったけど、なんども量の多いこと!!
若い男性が少なかったこともあり、かなり残ってました、ちょっと勿体無かったかな。。。

b0175688_19454875.jpgb0175688_19455975.jpgb0175688_19461165.jpgb0175688_19462124.jpgb0175688_19463664.jpgb0175688_1947163.jpg
b0175688_19472624.jpg


さあ、夕飯も食べたし、今夜はこのままホテルに戻って寝るだけ
でもないか、明日はホテルも移動なので、荷物の整理をしないといけません
荷物の整理もだんだん億劫になって来た頃、後で考えると必要ないものもたくさん持ってきてるし、でもないと心配だし、つくづく「もっと旅上手になりたーーーーい」と思った夜。。。

おやすみなさいzzzzz





ご馳走さまでした~~
by april777yi | 2011-04-04 19:50 | Comments(2)