ブログトップ | ログイン

さくらおばちゃんの趣味悠遊

江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)

土曜日、天気も良いし夫は出勤、「何処か行こうよ」との話しから、またまた東京散策へ。
今回は下町を歩きたいと言う友達に応えて、二度目の谷・根・千歩き
我が家からだと、日暮里まで京成線一本で運賃も540円と格安、同じ東京に出かけるのに鉄道会社によってもずいぶん運賃が違います。

谷中は、なんと言ってもお墓地とお寺がたくさんあるところ。
彼岸の明けでもあった昨日も、たくさんのお墓参りの人が来ていましたが、こんなところにお墓を持つなんて、先祖代々とは言えすごいことなんだろうな
この大きな墓地のずっと奥の方に、徳川幕府最後の将軍、徳川慶喜のお墓があります。

徳川家、葵の御紋に守られてたたずむ徳川慶喜の墓、今でも訪れる人がたくさんです。
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_2122797.jpg
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_21221737.jpg

この日も、このお墓の前では、あるグループが説明を受けていましたので、お隣で拝聴。
墓地をあとに、言問い通りに向かって坂を下っていくと、下町らしい風景にもたくさん出会いました。

坂の途中で見つけた和菓子屋さん、建物も昔のままのようです。そして一歩路地を入ると、下町らしい風景がまだまだ残ってて。。。
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_21225638.jpg
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_2123650.jpg

坂を下って言問い通りに出ると、『下町風俗資料館(旧吉田酒店)』があり、中に入ってみました。

建物は江戸商家の建築様式を伝えるもので、中には酒店であった名残を展示しています。
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_21233316.jpg
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_21234353.jpg

この辺り、まだまだ見所はあるのですが、路地をウロウロシながら根津神社を目指して

根津神社入り口の鳥居と楼門、そして唐門の奥には御社殿がありますが、中には入らず。つつじの季節は色鮮やかな庭もいまは緑一色
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_21241921.jpg
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_21242898.jpg
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_21243930.jpg
       
根津神社にある乙女稲荷の真っ赤な鳥居がまた可愛らしかったです
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_2125158.jpg
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_21251136.jpg

根津神社をあとに、また言問い通りを歩き、団子坂下から三崎坂を上り、また日暮里駅に戻りましたが、その途中にもいろんな楽しいものを発見して、改めて下町の面白さも見ることが出来ました。

言問い通りにある有名なたいやきやさん、行列ができていなければ絶対に私も買うところだったけど、ダイエットを始めたばかりで、行列に感謝しながら、横目に見て通り過ぎ
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_21254342.jpg

三崎坂の途中で出会ったなんとも可愛らしいお地蔵さん
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_21255933.jpg

この辺りを走る可愛らしい『めぐりんバス』特に観光用ではなさそうだけど、こんなバスに乗って、聞きなれた地名表示板を見上げるのも楽しいかも?
江戸散策(下町、谷・根・千を歩く)_b0175688_21262048.jpg

私の東京散策は、御のぼりさん的な気持ちが多々あるんだけど、これだけはやってみよと言うものが、今ひとつあって、それを叶えるべく、出来ればこの秋、1人気ままに出かけてみたいと思っています。
その時はまた報告したいと思いますが、何せ私の変な拘りなので、どんなものになりますか。。。
by april777yi | 2009-09-27 12:59 | 気の向くまま散策 | Comments(0)